大井研究室/大井尚行(教授)のページへようこそ!

九州大学・大井研究室では,環境心理学および建築空間と人間の心理・行動について幅広く研究しています。

キーワード:都市・建築の環境心理評価、視環境(照明・光・色彩)デザインおよびその評価

教育プロジェクト

EEP (教育の質向上プログラム)として,「国際交流型デザイン教育の試行と発信」を実施しました。 くわしくはこちら

建築環境心理生理用語集

 長年かかって準備してきた「建築環境心理生理用語集」が彰国社より刊行されました。

 環境要素・分野にまたがる用語解説,環境心理生理分野で実際に使われている英語訳について最新の情報を反映しています。ぜひご覧ください。

高校生諸君!建築,環境デザインを学ぶなら環境設計コースへ

 建築やインテリアそして緑のデザインに興味があるという人は芸術工学科環境設計コースを目指そう。芸術工学科環境設計コースは一般の建築学科よりもデザイン(=総合的な計画・設計)重視の教育を行っています。また都市や建築周辺に必要な緑の環境デザインについても力を入れています。

芸術工学部Webサイトがリニューアルされました

(旧)環境設計学科の全容についてはこちら

国内大学の関連学部出身者で大井研に進学を希望する方: お問い合わせページよりご連絡ください。ゼミ見学なども可能です。他大学学生も歓迎します。

 

これまでの経験から海外大学出身の方には下記のような手順で研究生から始めていただくこととしています。

研究生を希望する方:2022年10月の受け入れ募集は終了しました。2023年4月受け入れ希望の方は2022年10月に連絡してください。中国在住の方は先に九州大学北京オフィスに連絡してください。

多数のメールをいただいており個別に返信ができません。また研究生も希望者全員を受け入れることはできません。出願前に日本語能力や研究計画等でセレクションを行っています。2023年4月受け入れ希望の方は2022年10月に必ず以下をそろえてからご連絡ください。出願〆切までに受け入れ可能性のある方のみに返信します。

・履歴書

・研究計画書(研究生および修士課程で行う具体的内容の案。背景・目的,研究方法を必ず含めること。日本語の論文を引用文献に含めること)

・見学・訪問の可能性

留学生の場合は日本語能力(日本語能力試験一級相当)を証明するもの(出願の時点でN1相当の証明書を提出できることを必須とします)英語で大学教育を受け卒業した人もテーマにより日本語能力が必要となる場合がほとんどです。

  

+九大Webサイトに研究紹介が掲載されました

+過去の大井研および環境設計コースの様子はブログから
+大学院 環境設計コースの情報はこちらから リニューアルしました
大井の所属・研究業績等(九州大学研究者情報)
環境心理生理運営委員会ではこれからの研究の方向性を探ったり各種イベントを企画したりしています
□共同研究等のご相談、感想やコメントもお問い合わせページからどうぞ。

 

Newsletter from Naoyuki Oi(ブログ)はこちら(2015/08/16更新)

twitter始めました これまでのつぶやきはtwilogからどうぞ

8 December 2021